ドンキのサーキュレーターで自動的に電源が切れるのを無効化する方法

我が家にはエアコンが一台しかないので、狭いマンションとはいえ、エアコンから離れている自室は暑い。

そこで、冷房の冷風を自室に届けるために、ドン・キホーテでサーキュレーターを買ってきた。

http://www.donki.com/j-kakaku/product/detail.php?item=2343

これ、ドンキのPB家電なのだが、輸入元はここらしい。

実際、よく似た機種が近くのホームセンターでも売っていたので、多分ほぼ一緒なのだろう。

このサーキュレーター、ターボモードにするとかなり直線的な風を力強く送り出すことができ、上下左右に首振りも付いているので、洗濯物を乾かすのに便利そうである。

また、静音モードにすれば就寝時に使っても差し支えない程度の音まで静音化できる。

値段も4500円とお手頃価格だし概ね気に入っているのだが、一点だけ難点として「8時間オートオフ」機能なるものが付いている。

サーキュレーターは扇風機と違って、長時間空気を循環させるものなので8時間で勝手に電源が切れるのは大変な短所である。

付属のマニュアルを読んでも無効化などは書かれておらず、一般的に他社の扇風機でも「無効化できない」ものらしいので諦めていたのだが、

ひょんな事で、香港の会社がほぼ同じ見た目のサーキュレーターを販売してるのを見つけ、なにやらこのお世話な機能を無効化する手順を書いてるではないか。

上記によると、

電源プラグを差した後、10秒以内に「ON/OFF」と「タイマー」ボタンを同時に4秒以上押すと、タイマーのLEDが点滅状態となり、電源プラグを抜くまでは8時間タイマーが無効化される。

とある。

で、ドンキの嵐サーキュレーターも見た目一緒だったので、ダメ元でやってみたらなんと同じくできるではないか。

というわけで、同じく悩んでる人が居たら、試してみてはいかがだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.