ESP8266ベースのArduinoを動かす

ESP8266の乗ったArduino基板を手に入れたので,とりあえず動かすまでの備忘録

今更ですが,最近Arduinoで遊んでいます。
というか,数年前に純正のUNOをAmazonでポチってからすごい放置してたんですが,
最近は中国製の互換基板が数百円レベルで手に入るようになったので,
これで何かやってみようと思い立ったわけです。

(というか,UNOだと中身AVRなので,そのままだと通信もできず,使い勝手があまりよろしくない。。^^;)

ESP8266

ESP8266っていうのは,32bitのMCU(Tensilica L106らしい。CadenceのIP?)と802.11 b/g/n のWiFiが載ってるSoCです。
実はこのチップの乗ったArduino用のWifiシェルが売ってたりしますが,
このシェルを使うArduinoのCPU(AVR)より全然高性能なチップだったりします。。

esp8266

で,全然AVRより高性能なので,ESP8266自体をメインCPUとしたArduinoもあります。
それが今回扱おうとしている wemos D1 です。

今回は,このwemos D1を使って最終的に

  • 自宅のWifiに接続する
  • ブラウザからアクセスしてHello Wordを表示する

をやってみようと思います。

ですが,とりあえずPCにつないで動かすところまでをやらないことには始まらないので,
まずは準備編です。

下準備

Arduinoなので,ArudinoIDEを入れないことには話が始まらないので,
まずは公式サイトからArduinoIDEを落としてきます。

Download Arduino IDE

自分の手持ちの環境は,Debian8 x64なので,Linux 64 bits版(tar.xz)をDLします。
あと,ArduinoIDEはJavaベースなので,open-jdkを入れてない場合は先に導入しておく必要があります。
DLしたパッケージを適当な場所に展開します。


% tar xvfJ arduino-1.6.9-linux64.tar.xz

以下,/opt/arudino以下に展開したものとして話を進めます。

展開したarduinoのディレクトリに直下にある install.sh を各ユーザ権限で実行することで,
インストールをやってくれます。


% ./install.sh

次に,arduino IDEに wemos D1を登録するため,arduino IDEを起動して[File]->[Preference]を開きます。
で,”Additional Boards Managers URLs” に “http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json” を登録します。

Arduino IDE preference

登録したら,[Tools]->[Boards]->[Boards manager] を開き,ダイアログでesp8266を検索して[install]します。

Screenshot-Boards Manager

無事に新しいボードが追加されると,[Tools]->[Boards]以下に”WeMos D1 R2 & mini”の項目ができているので,
これを選択します。

これで下準備的にはOKです。次はとりあえずサンプルを動かしてみます。

とにかく何か動かしてみる

wemosの公式サイトに,
サンプルのスケッチがおいてあるので,それを自分のスケッチ置き場(~/Arduino)に展開します。

展開したらArduinoIDEを再起動し,
[File]->[Sketchbook]->[D1_mini_Examples]->[01.Basics]->Blink を開きます。

この状態でwemos D1とPCをUSBケーブルで接続し,
[Tools]->[Port]からボードのシリアルポートを選択します。(/dev/ttyUSB0とか)
ポートを選択後,Uploadボタンを押すことでコンパイルとボードへのスケッチの転送が行われます。

Screenshot-Blink | Arduino 1.6.9

うまくいけば,LEDがチカチカするはずです。(これが有名なLチカです。たぶん。。)

次回は自宅のWifiにつないで,HTTP喋らせるところまでをやりたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *